表桜(おもざくら) 愛媛県川之江市切山 国指定重要文化財「真鍋家」の山桜
  藁葺き屋根が真鍋家            ↓右上の桜が表桜
命名の由来
 重分真鍋家は古来より表(おも)という名で知られています。真鍋家の裏に出たらこの地は
要害(ようがい)と呼ばれ、ここに繁茂してる自然林は四.五百年もの長きにわたって、付近
の集落を風水害から守ってきた。要害のなかでもひときわ目立つこの大きな山桜は風雪に
耐え雄雄しい姿を私どもの前に現れています。春には花で覆われとても美しい姿になります
まさに表の意味そのものです。この山桜は時お同じくして建てられた真鍋家住宅と歩調をあ
わせながら年輪を重ね今日に至っており平成2年3月15日に川之江市より保存樹木の指定
を受けました。これを讃えて表桜(おもざくら)と命名しました  

ふる里の 裏山に座す 表桜 今年の花を 人寄りて観る   潤

遠くから眺める表桜は細くスマート〜樹齢は真鍋家と同じらしいので200年ぐらいでしょうか
高さ22m。幹周り3.5m。美しいその姿を近くで見上げると苔むした幹は、ずっしりしていて
年輪を感じる。真鍋家は十七世紀末に建てられたもので、県内では最も古い民家。

TOP





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO